占って欲しい時に、占ってもらえるサイト

例えば、今悩んでいて、すぐに答えを出す必要がある。
そんな状況下にあるとしましょう。
その場合に、次に仕事が休みの日に占い師のいる占いの館へ行って占ってもらおうなんて悠長な事を言っている場合ではありません。
仕事で重要な案件に明日までに答えを出さなければいけない状況とかあるかもしれません。

そもそも悩めば悩むほど、思考がこんがらがって複雑になってきませんか?
悩んだ方がいい答えにたどり着くのであれば、散々悩むのもいいかもしれません。
しかし結局は悩んでよく分からなくなってしまう。結局最初に出した結論が一番いい気がするなど、悩んだ末の答えはいいものではないのです。

もし、あなたが今夜デートの最中に恋人にフラれてしまい、孤独と絶望感の真っただ中にいます。
朝になれば、気持ちに少しは落ち着くかもしれません。
しかし峠である今夜を一人で過ごしたくない、誰かに話だけでも聞いて欲しい、そんなふうに思いませんか?

そんなふうに今すぐ悩みを聞いて欲しい場合、頼りになる存在が身近にいれば言う事はありません。
家族でも友達でも、あなたを救ってくれる相手はいてますか?

なかなか人に弱みを見せる事が出来ない、裏切られたらどうしようと思ったら心を開く事が出来ない。
そんな人もいるでしょう。
そんな人の味方になってくれる存在が、ネット占いであり、ネット占いであなたの悩みを聞いてくれる占い師なのです。
24時間365日対応してくれるという事はつまりそうゆう事です。
いざという時のためのお守りとして、スマホの履歴や、パソコンのお気に入りに登録しておきましょう。

あまり知られていない占い

占いの中にはよく当たる占いながらもあまり知られていないものがあります。一般的には知られていないだけでよく探せばその占いを受けることができるという占いの中には相性がいいとっておきの占いがあるかもしれません。占いや占い師はその質だけでなく相性もあるもの。自分にある占いを探しましょう。

<印鑑で判断する印鑑占い>
印鑑占いとは印鑑の字の形で占う占いです。左右対称は不吉であったり、使っていて印鑑が消耗することで変わった字の形を判断することで占います。姓名占いに近い部分があり、姓の画数も影響します。当たる占いとの評価も根強い一方、印鑑を使うことからあまり魅力を感じない方も多いようです。仕事でよく印鑑を使う方など印鑑に愛着がある方はこの占いに適しているのではないでしょうか。

<インドで人気の占星術>
占星術には東洋占星術や西洋占星術がありますが、インド占星術はインドではとても人気があります。基本的な概念は他の占星術に似ているもののインドの神話や世界観が取り入れられており、独自の雰囲気もあります。日本の占星術のひとつである宿曜道の基礎になったことでも有名です。占星術は人気の占いですが、その中ではインド占星術も当たる占いであることは変わらないものの影が薄い存在です。

<誰でもできるトランプ占い>
トランプを使ったトランプ占いは誰でもできるにも関わらずあまりしられていません。トランプのカードの数字やマークごとに意味があり、引いたカードの意味で占うというもので、タロット占いに似ています。タロットは占いの中でも当たる占いとしてとくに人気がある占いのひとつにも関わらず、トランプ占いも同じように当たる占いであるにも関わらずあまりしられていません。あまりしられていない占いをマスターして自分のものにすることでその世界で一歩リードする、という占いの楽しみ方もいいかもしれません。

あると嬉しい手相の線

手相占いは普段からよく当たる占いとして親しまれているもののひとつです。繁華街などに行けば路上でお店を出している占い師さんを見つけることができます。手相はさまざまな線があります。その中には不幸の予兆とされる線がある一方で、あると嬉しい幸運の線も存在します。

<手相を見る上での予備知識>
当たる占いとされるものにはよくある特徴ですが、手相も人によって判断が違う場合があります。線ごとの意味は決まっているのですが、総合して判断する場合があります。これらは流派などによって違いますが、こうした理由から当たる占いかそうでないかの違いが占い師さんによって差が生まれます。また、一般的によく言われる手のひらの線だけでなく指の形や爪なども見るため、流派によっては手のひらの線の重要度は下がります。

<定番の手相三大線>
もっともよく見られる定番の線は手相三大線と呼ばれています。三大線とは生命線、頭脳線、感情線のことです。生命線はその人の健康状態や生命力といったことを見る線です。頭脳線は知能線とも呼ばれ、その人の知能を見る線です。ただ賢さを見るだけではなく、性格や考え方の傾向を見ることができ、将来成功するかどうかを見ることもできます。感情線は性格の傾向を表す線ですが、恋愛や結婚にも強く影響している線です。

<悪い手相でも落ち込む必要はなし>
手相を当たる占いだと信じている人にとっては線があまりよく無かったり望むものでないとショックかも知れませんが、落ち込む必要はありません。ひとつの線が悪くても別の線との関係で全く評価が変わることがあるからです。どうしても手相が気になる場合は専門の占い師さんに見てもらうとよいでしょう。当たる占いをしてもらえるという以上に占いの結果に対してアドバイスをもらうことができるので、悪い結果であっても今度どうしていけばいいかの指標になります。

いつでもできるコイン占い

コイン占いはごく簡単なものなら誰でもやったことがあるのではないでしょうか。コイントスをして表が出たら当たり、裏が出たらハズレ。または表ならその日はツイている日といったことは、多くの人がしたのではないでしょうか。この占いはごく簡単ですが、工夫することで更に占いを楽しむことができます。

<回数を増やしてその日の運勢占い>
たった一回のコイントスでその日の運勢を占うのはあまり良くないかもしれません。2分の1の確率でその日は不運といったことになってしまうからです。より当たる占いとしては数回コイントスをして、高い確率で裏が出たらその日は不運と考えるものです。例えば5回コイントスして4回以上裏が出たらその日は気をつけて慎重にするといったこです。

<易経とコイントス>
コイントスが占いになったのは、易経を簡略化したものがコイントスだからです。易経は中国で当たる占いと信じられているもので、細い棒をたくさん使う占いです。当たる占いと信じられていることとは裏腹に方法は複雑で解釈は難しく、わかりにくい印象が強い易経を簡略化したものがコイントスで行う占いでした。この場合、表と裏の回数で図を作ります。その図によって意味が決まっているのです。

<奥が深いコイン占い>
こんな簡単なものが占いなのか、本当に当たる占いなのかという疑問を持つかも知れません。確かに、ランダムに表と裏が出ているだけかもしれませんが、占いには運に任せて投げ解釈を行うものが多くあります。出たものに何か運命的なものを感じるなら、それは占いが成功していることにほかなりません。シンプルで奥が深いコイン占いです。コイントスするときに表なら何で裏ならどういう意味かの条件を上手く決めれるようになると、当たる占いとしての価値を持つ手がるにいつでもできる本物の占いになるでしょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.